メディオスターのおすすめの使い方とは

エステサロンや脱毛サロンなど美容専門施設で脱毛ケアを受ける女性はかなり増えてきている傾向にあるため、多くの美容施設では短期間で広範囲の高い脱毛ケアを行える最新鋭の脱毛マシンを導入することで他店に比べて高い脱毛効果を期待できると新規利用者にアピールするようになっています。そのため人気の高い連射脱毛が行えて、肌にも優しいフラッシュ脱毛マシン『メディオスター』は様々な脱毛サロンで導入されるようになってきています。この脱毛マシンは従来肌が日焼けをしてしまっている場合や色素沈着が起こっている皮膚には施術が行えないフラッシュ脱毛も、安全にケアを行うことが出来るため施術を受ける方の肌質を選ばない点が支持される理由の1つとなっている特徴があります。

メディオスターの特徴や美容効果

メディオスターはドイツのアスクレピオン社が開発しており、ダイオードレーザーと呼ばれる種類のレーザーを照射することにより根と表皮との間に存在すると言われるバルジ領域をメインターゲットにジワジワと蓄熱式でダメージを与えることによって脱毛効果を与えることが出来ます。より深い部分に照射を行い、ダメージをあてるレーザー脱毛に比べて、施術時に感じる痛みが少ないのが大きなメリットになっており、肌への負担が少ないことからVIOラインなどデリケートゾーンの脱毛もスムーズに済ませることが出来ると人気になっています。通常のフラッシュ脱毛はメラニン色素に反応して照射される特徴があったので、色素沈着した部分や日焼けした肌には使用することが出来ませんが、ダイオードレーザーの方法ではターゲットをバルジ領域に絞っているため日焼け肌も、色素沈着をしたVIOラインのケアも安全に行うことが出来ます。

レーザー照射時に肌を冷やす機能によって痛みが起こりにくい

脱毛威力の高い施術方法は、どうしても照射時のパワーが強いため痛みを感じやすいのではと不安に感じてしまう女性も少なくありません。しかしメディオスターで利用されているダイオードレーザーを肌に照射している場合、機器を肌の上を滑らせるようにしてスムーズに照射していく事と、一度の照射で広範囲のお手入れを一気に済ませることが出来るため、全身など施術範囲の広いケアでも安全かつスピーディーに済ませることが出来ます。施術時に感じる痛みに関しては、照射を行った時点で肌を急速に冷やす冷却機能が搭載しているので、肌にダメージを与えずに脱毛を済ませることが出来るので、デリケートゾーンを含めた全身脱毛も安全に行えるメリットがあります。ただ施術後は肌が乾燥しやすくなるので保湿ローションやクリームで肌に潤いを与えるアフターケアを行うと、施術後の肌を整えることが出来ます。