風評被害に関する仕組み

風評被害とは、風評によって、経済的による被害を受けることであり、狭義として報道被害についてもこれの一部にあたり、基本的においては、噂による中でも、正確に事実や正確な情報について伝えていない噂について広まっていることによって、被害を蒙っていると考えられる場合に関しては、その被害や一連の事象について呼んでいくためにもちいていく呼称となっています。また、上述による定義に合致しない事象に関しても風評被害といわれる語が用いられている場合があり、インターネットに対する書き込みによる被害に関して、これらの被害の一つと位置づけており、対策のサービスについて行うとしている弁護士法人があります。なお、経済産業省における医療機器分野による研究会において、これらの被害が製造物責任法と同時に、製造者にかかってくるリスクやコストの一つとして検討されている事例があります。

風評被害が発生する場合と対処方法

風評被害とは事件や事故が発生し場合に、不適切な報道や根拠のない噂話しに尾ひれがついて、誇大された情報として広まった結果、発生した損害や被害が発生することを言います。人々の噂話しが拡大するケースや、ネット上の噂話しがあたかも事実であるかのように広まることが原因です。例えば、ある食品が原因で起きた食中毒事件が報道された場合、食品の取り扱いよりも食品そのものが危険であると広まることで売り上げが低下したり、類似製品についても販売量が低下するなどした場合は、風評被害にあたります。風評被害の問題点は、いったん広まってしまった間違った情報を訂正、認知させることが難しいところです。先入観により印象付けられてしまったイメージを払拭することが困難であることから、情報を受け取り発信する側に回る前に、その情報について客観的な判断をもって取り扱う姿勢が重要となってきます。

風評被害の質と与える影響の範囲

何か事が起こると、風評被害という言葉を良く聞くようになりました。東日本大震災の発生に起因する東京電力福島第一原子力発電所の事故に関することが記憶に新しいところです。福島県産の米や野菜、果物などの農作物や沖合で獲れた魚介類が対象でした。過去にも宮崎県で発生した口蹄疫、各地の鳥インフルエンザなど、たくさんの事例が生じました。その殆ど全てが、「食物」に関する事です。それだけ多くの人が、食に関する事に重大な関心があるのでないでしょうか食は人が生命を維持し、活動していくために不可欠なもので、時には過剰と思える反応は、ある意味無意識の自己防衛本能の現れかも知れません。しかし、それによって生産者が甚大な被害を被りますので、事実ではない情報が流布されることは防がねばなりません。それには、広報する側が早く正確な情報を具体的なデータを以って公表することが大切ですが、それにも信用が伴います。情報の発信元に信用が無ければ、内容が噂話と変わらないレベルとなり、新たな風評被害を生み出します。東日本大震災の発生時、当時の政府は原子力発電所近隣の住民が避難するために有効なスピーディーの情報を開示しませんでした。国の最高機関がそのような行為を行えば、各省庁及びそこに監督される様々な機関も国民からの信用を失うでしょう。中でも食に関する情報は包み隠さず摂取の可否を発表し、信用を得ることが出来れば、風評被害は無くなるのではないでしょうか

シエンプレはWEB上の風評被害や誹謗中傷からブランドを守ります。 年間対策サイト29400以上の実績で、サイトを守ります。 ネット風評が企業に与える影響をレポートしました。 問題解決のためのアドバイス、コンサルティングを行うシエンプレ。 豊富な技術とノウハウでWebのリスク対策を行っていきます。 シエンプレは、Webのブランド力を守るサービスを行っています。 風評被害でお悩みならシエンプレ